人気ブログランキング |

D-DAY!

ジョンソクssiの胸板!筋肉ぽ
c0010833_2022982.jpg


K-REAL記事より

『嫉妬の化身(原題)』コン・ヒョジン×チョ・ジョンソク ユニークなバックハグ
c0010833_202417.jpg

『嫉妬の化身(原題)』でコン・ヒョジンとチョ・ジョンソクがユニークなバックハグを
披露する。

24日夜放送されるSBS新水木ドラマ『嫉妬の化身』でピョ・ナリ役(コン・ヒョジン)は、
イ・ファシン役(チョ・ジョンソク)に大胆にバックハグをする。

ドラマの中のピョ・ナリはアナウンサーを目指すお天気キャスター。しかし、いつも
片思いばかりで恋には不器用な彼女。男らしいベテラン記者のイ・ファシンへの情熱で
ときめくピョ・ナリ式片思いを披露しながらドラマの展開が始まっていく。

『嫉妬の化身』の関係者は、「二人のバックハグシーンには笑えない事情が隠されている。
第1話の放送からピョ・ナリとイ・ファシンの関係が興味深く繰り広げられると思うので
関心を持って見守ってほしい」と伝えた。


「チャネルはそのまま!」チョ・ジョンソク自らPR
c0010833_2025284.jpg


もっとコリア記事より

チョ・ジョンソク vs コ・ギョンピョ、コン・ヒョジンとお似合いなのはどっち?

『嫉妬の化身』が、これまで「三角関係」だけにずっと固執してきたラブコメの
定型化された枠組みを破って「二股ロマンス」という新しいジャンルを掲げて、
関心を集めている。

SBSの新しい水木ドラマ『嫉妬の化身』は、嫉妬なんて知らなかったマッチョ記者と
財閥男が、生計型気象キャスターに会って嫉妬により自分のスタイルを崩しながらも、
愛情を求める二股ロマンスで、コン・ヒョジンとチョ・ジョンソクというキャスティング
だけでも熱い話題を集めた。

これまで、視聴​​者から愛されてきたラブコメは、ほとんどが三角関係に基本を置いている。
一人の女性が二人の男から愛されるが、自分が愛する人とエンディングを迎えるという話だ。
しかし、『嫉妬の化身』は主人公ピョ・ナリが二人の男と「二股」をする。

「私たちは2人ともあなたのことが好きだから、両方と会えばいい。会って、どちらかを
選択すればいい」という言葉と最もよく似合う『嫉妬の化身』は、イ・ファシンを
4年間片思いしてきたピョ・ナリが新しい男性コ・ジョンウォンに惚れながら、
イ・ファシンとコ・ジョンウォンの両方がピョ・ナリに愛情を求めることになる。

c0010833_20103080.jpg

▶ 「片思いだけ4年」イ・ファシン ♡ ピョ・ナリ

ピョ・ナリはイ・ファシンを4年間片思いした。「プロ片思い」のピョ・ナリは4年間、
一日も欠かさずにイ・ファシンを想い続けたが、結局は他の男に惹かれてイ・ファシンの
親友コ・ジョンウォンに再び恋に陥ることになる。また、片思いの危機に置かれた
ピョ・ナリは「もう片思いはしたくない」と泣き叫びながらもコ・ジョンウォンに
「友人や恋人は、これ以上、必要ありませんよね」と尋ねる卑屈な姿を見せる。

ピョ・ナリが片思いを介して卑屈さを見せるなら、イ・ファシンは自分の親友のことが
好きになったピョ・ナリを見ながら、妙な嫉妬を感じ始める。最終的には自分が
ピョ・ナリを好きだということに気づき、「自分にだけ集中して」と言うなど、
積極的な愛情攻勢を繰り広げる。

この過程で、ピョ・ナリ役のコン・ヒョジンとイ・ファシン役のチョ・ジョンソクが
どのような掛け合いを見せるのかにも期待が高まっている。実際に同い年だという2人は、
制作発表会の現場でも終始明るい笑顔を見せた。

c0010833_20105463.jpg

▶「新しい愛」コ・ジョンウォン ♡ ピョ・ナリ

顔、スタイル、性格、財力まで何一つ足りないもののない財閥3世のコ・ジョンウォンと
ピョ・ナリは飛行機の中で初めての出会う。ピョ・ナリは自分の天気予報を見たという
コ・ジョンウォンの言葉に「私のファンなのか。毎日、私の天気予報を見ているのか。
私の天気予報が間違っていたら、放送局に電話を一本入れてほしい。そんな電話が
来ることが夢だ」と話した。

韓国でコ・ジョンウォンと再会したピョ・ナリは彼に対して「友達や恋人は、これ以上、
必要ないですよね」と尋ねるが、コ・ジョンウォンは断固とした口調で、余裕のある
笑顔を浮かべて「はい」と言う。これにピョ・ナリは恥ずかしさから顔を赤らめるが、
積極的なピョ・ナリの態度にコ・ジョンウォンはデートの申請をするに至る。

特に、コ・ギョンピョはtvN『応答せよ 1988』のソヌ役とは全く違う魅力を
披露する予定だ。多くの人気と財力のせいで傲慢だが、自分とイ・ファシンを
天秤にかけるピョ・ナリを見ながら、切なく愛情を渇望して卑屈になる姿を演じる予定だ。

SBS『嫉妬の化身』は、MBC『パスタ』『ミス・コリア』などを執筆した
ソ・スクヒャン作家とSBS『夜王』『エンゼルアイズ』などを演出したパク・シンオ監督が
手を組んだ作品で、来る24日夜10時に初放送される。毎週水曜日と木曜日の夜10時に放送。

by cyu-rin | 2016-08-24 20:30 | 嫉妬の化身