「青い海の伝説」チョ・ジョンソク、コメディもロマンスもこなす反則カメオ出演

WOWKOREA記事より


俳優チョ・ジョンソクの活躍は、彼が主演でもそうでなくても、短い瞬間の登場でも
感じられるようです。

7日に放送されたSBS水木ドラマ「青い海の伝説」では、水から陸に上がって生活する
男性人魚で救急隊員として働くユ・ジョンフン役として、チョ・ジョンソクが
カメオ出演しました。
c0010833_19323785.png

今回のカメオ出演は、チョ・ジョンソクとチョン・ジヒョンが同じ所属事務所であることから
実現したようです。
「青い海の伝説」側は前作「嫉妬の化身」で素晴らしい演技力を見せたチョ・ジョンソクを
余すことなく利用する計画で、「嫉妬の化身」の音楽やセリフを活用しました。

また彼はドラマの重要な設定まで自ら紹介しました。水から陸に上がった人魚は、心臓が
固くなり始めるので、
愛する人に出会わなければ生きていけないということ。何も知らずに水から上がってきた
チョン(チョン・ジヒョン)の手助けをするために、ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)の嫉妬を誘い、
美しいメイクの方法やお金を稼ぐ方法を教えました。

普通ドラマの中でカメオは、単純に笑いのために消費されたり、劇の重要な装置となる
場合は少ないです。
しかしチョ・ジョンソクは主要な設定を自ら紹介し、劇にエネルギーを与え新しい面白さを
吹き込みました。
彼が中心となった男性人魚のストーリーもあったら良いという意見まで出るほど、
多数の視聴者が彼の短い出演を惜しんでいます。

[PR]
by cyu-rin | 2016-12-12 19:34 | 조정석絡み | Comments(0)