「兄貴」制作発表会&記事

前述のとおり自宅パソコンの調子が悪いので
ツベの貼り付けができず(T-T)
動画はmarcyさんのブログでお楽しみ下さい

cyurinセレクトイケてるジョンソクssiです
c0010833_21174208.jpg


c0010833_21174327.jpg


c0010833_21174314.jpg


c0010833_21174489.jpg


Kstyle記事より

チョ・ジョンソク&EXO ディオ&パク・シネ出演映画「兄貴」3人の抜群の呼吸に期待

チョ・ジョンソクとEXO ディオが26日午前、ソウル江南(カンナム) 区新沙洞(シンサドン) 狎鴎亭(アックジョン) CGVで開催された映画「兄貴」(監督クォン・スギョン、制作チョイスカットピクチャーズ) の制作報告会に出席した。

視線だけでも通じ合うぴったりな呼吸を見せた。登場OST(劇中歌) に合わせて、軽いダンスを見せ、只ならぬケミ(ケミストリー、相手との相性) を披露した。「兄貴」で帰って来たチョ・ジョンソクとEXO ディオだ。

「兄貴」は、詐欺前科10犯の兄、コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク) と、有名だった国家代表柔道選手の弟コ・ドゥヨン(ディオ)、平凡な兄弟の一寸先も見えない、ドタバタ同居ストーリーを描いたブラザーコメディだ。チョ・ジョンソクとディオは、「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォン&ファン・ジョンミン、「釜山行き」のコン・ユ&マ・ドンソク、「密偵」のソン・ガンホ&コン・ユ等、韓国映画界の男×男ケミの熱風を継ぐ兆しだ。

26日午前に開かれた「兄貴」の制作報告会で、クォン・スギョン監督は「男×男ケミを考えキャスティングをする時に、たくさんの人物が思い浮かんだ。新鮮な組み合わせを願った。全く予想できなかった俳優たちに出会い、爆発力のあるケミを作れればと思った。そんな中でチョ・ジョンソクとEXO ディオが思い浮かび、幸いお2人がシナリオを面白く読んでくれた。ここにパク・シネまで加わり、ゲームは決まったと思った。楽しく愉快で、かっこいい3人の俳優と作業が出来たことは幸運だった」と満足感を表した。

チョ・ジョンソクはシナリオの魅力に惚れた。彼は「コメディ感がよく染み込んだシナリオだった。温かさを感じた。笑いと感動が混ざった『ブラコメ(ブラザーコメディ)』がこの映画にぴったり似合う言葉ではないかと思う」と自信を持って答えた。

c0010833_21174432.jpg

c0010833_21174525.jpg

c0010833_21174698.jpg



[PR]
by cyu-rin | 2016-10-26 20:59 | jojeol映画 | Comments(0)