『ディテール職人』チョ・ジョンソク、20~30代未婚男女が選ぶ魅力男性1位

2016年大衆文化芸術大賞受賞が確実視されているから?
ベタボメ記事2つです


もっとコリア記事より

「嫉妬の化身」チョ・ジョンソク、小さなことも逃さないディテール職人

c0010833_21303345.jpg

SBS水木ドラマ『嫉妬の化身』にてチョ・ジョンソクが小さなディテールも逃さない
「ディテール職人」となっている。

表情、眼差し、行動までイ・ファシン(チョ・ジョンソク扮)そのものとなり
『嫉妬の化身』をリードしているチョ・ジョンソクは毎回見て、味わい、
楽しくさせる演技を披露して注目を集めている。

去る8話放送にてピョ・ナリ(コン・ヒョジン扮)とコ・ジョンウォン
(コ・ギョンピョ扮)を紹介しても未練を断つことができないイ・ファシンは、
ピョ・ナリに惹かれるというコ・ジョンウォンの言葉にとても小さな笑みで
感情を代弁した。台本にも「とてもとてもとても小さな笑み」とされている
この部分をチョ・ジョンソクは僅かに上がった口元と満面に漂う刹那の安堵感で
表現して見る人を感嘆させた。

レジェンド回とされている14話ではイ・ファシンがアナウンサー試験を前に
ピョ・ナリに家庭教師となって緊張を解いてやる場面が描かれた。
台本では「ピョ・ナリを見る」場面であったが、チョ・ジョンソクは
愛情に溢れた眼差しでコン・ヒョジンを応援し、彼から真正性と愛を
感じさせたという爆発的な反応を受けた。

続く15話放送にてイ・ファシンは自分とコ・ジョンウォンを
どちらも好きだというピョ・ナリの言葉に言葉がなく傷つき嫉妬する
様々な感情を感じた。中でもチョ・ジョンソクは「発狂する」を全身で演技し、
同時に「二人の内どちらがピョ・ナリがより好きな人間なのか」に執着する
イ・ファシンの状態を伝達、予想もできない三角関係の中心軸をしっかりと掴んだ。

この他にも1泊2日で一緒に旅行しようと愛嬌を見せるピョ・ナリを見て
イ・ファシンは「嬉しく笑顔になることを隠し」、「恥ずかしい」心情を
小さくあげた頬と弾けそうで弾けない笑いで表現し、ピョ・ナリから怒られて
唇を尖らせるボムを見て一緒に唇を尖らせたアドリブなど、ドラマの中ではない
実際のように感じさせる彼の演技はドラマに強い生命力を吹き込んでいる。

それだけでなく演技職人、ディテールの職人、キス職人など数多くの愛称が
彼を代弁しているように、チョ・ジョンソクは強力な吸引力を誇る
ソ・スクヒャン作家の台詞と状況をぴったりと表現し、チョ・ジョンソクではない
イ・ファシンでは納得できないほどキャラクターを本人のものにしている。

このため愛の前ではプライドも降ろして絶えずじたばたして憎い7歳児の
ようなときもあるが、視線が行きときめくほかにないチョ・ジョンソク印の
イ・ファシンは着実に視聴者の胸を揺さぶる予定だ


innolife記事より

チョ・ジョンソク&パク・ハソン、2030未婚男女が選んだドラマ魅力男女

c0010833_2134451.jpg


未婚男女が選んだ最近のドラマの魅力男女はチョ・ジョンソクとパク・ハソンだった。

結婚情報会社DUOが10日から17日まで20代と30代の未婚男女369人
(男性156人、女性213人)を対照に“未婚男女とドラマ”に関するアンケート調査を
実施した。

最近ドラマ中、一番魅力的な男性主人公には、23.8%がチョ・ジョンソクを選んだ。
特にチョ・ジョンソクは女性から多く支持された。チョ・ジョンソクは現在
SBS『嫉妬の化身』でコン・ヒョジンと共演している。チョ・ジョンソクに続いて
『THE K2』のチ・チャンウク(20.9%)『雲が描いた月明かり』のパク・ポゴム
(14.4%)『ショッピング王ルイ』のソ・イングク(11.4%)が後に続いた。

一番魅力的な女性主人公には、tvN『一人酒男女』で久しぶりに復帰した
パク・ハソン(25.5%)が1位に選ばれた。次に『雲が描いた月明かり』の
キム・ユジョンが19.2%で2位に『空港に行く道』のキム・ハヌルと
『嫉妬の化身』のコン・ヒョジンがそれぞれ13.8%を獲得して共同3位になった。

ドラマに夢中になる一番重要な要素は、男性が俳優の容姿(29.5%)、女性が
配役の性格(33.3%)を選んだ。続いて男性が配役の性格(26.3%)、
女性が俳優の容姿(20.2%)を挙げ、男女の認識差が現われた。

DUOの広報チーム長は「平凡な構図と平凡なキャラクター設定が大部分のドラマが最近、変化を図って主な視聴層だった女性はもちろん男性まで魅了している」とし「これからも興味津々な展開と魅力的なキャラクター設定で大韓民国未婚男女はもちろん全世界が注目するKドラマになることを待ち焦がれている」と伝えた。
[PR]
by cyu-rin | 2016-10-19 00:16 | 조정석絡み | Comments(0)