チ・チャンウク-チョジョンソクが、犯罪者か。…金英蘭法の影響のファン'朝貢注意報'&サポートに関して

marcyさんと共有掲載しています。

俳優のチ・チャンウク、チョジョンソクが、突然に犯罪者に追い込まれることになった。
c0010833_20211916.jpg

先月28日から施行された、いわゆる'金英蘭法'(不正の請託と金品などの授受の禁止に関する法によって子遠い芸能人たちが被害を受けることになった。 '私の兄をお願いします'、'私のスターをよく見てください'という意味でドラマや映画、公演などに提供されるファンの後援が金英蘭法に抵触される余地が高く、当該芸能人が間接被害をみる余地がある。 また、制作局、放送局がドラマ終了後枝は、褒賞休暇も金英蘭法違反になり得る、善意の被害者が続出する可能性が高い。

先月28日を期して、この法が施行されたことによって芸能マネージメント会社はケータリングカー・コーヒー車・プレゼントなどの朝貢を一切禁止した。 しかし、金英蘭法の広報の不備と理解も不足で数百万ウォンが入る朝貢や褒賞休暇などが法施行後にも行われている。

ファンが非公式的に撮影現場に送った朝貢は厳密に言えば、不正請託に該当することができる。 私の芸能人をよく見てほしいという意味で、製作状況に影響を及ぼしかねない要因となるためだ。 特に、国内ファンより朝貢の規模が数倍大きい海外のファンたちも請託禁止法が適用され、法的処罰を受けることができる。 もしファンの朝貢が告発すれば、原則的に法的処罰が避けられない。

SBS水木'嫉妬の化身'に出演するチョジョンソクのギャラリーのファンたちは撮影現場にスターの名前で朝貢を準備している。 最低限の目標金額は260万ウォン程度で、約70人の俳優と制作陣を向けた規模だ。 260万ウォンを70で割ると約三万7,142ウォンが計算される。 これを金英蘭法に代入すると、食事費三万ウォンが超えるのに'違法'だ。

金英蘭法には法の適用対象者に放送事業者が含まれる。 正社員、契約職、短時間労働者、試用労働者など形態を問わず機関と労働契約を締結した職員全員を含む。 ドラマ演出者を含めてカメラ監督、照明監督、美術監督など制作陣ほとんどが該当する。

俳優のチ・チャンウクギャラリーで活動するファンたちは、金英蘭法の施行により、朝貢が一度ストップされた状況で、無理に進められ、眉をひそめさせている。 他の俳優たちがもし法を違反するか体を巻いていることを気にとめず、朝貢を進めている。 ファンの一人は"1人三万ウォン以下で準備するとは一つ法施行で、皆が顔色をうかがっている状況で、なぜ無理しているのか分からない"とした。

ドラマ終了後に去る褒賞休暇も違法と解釈される余地が高くて注意が要求されている。 放送社(子会社を含む)の国産ではなく番組
制作会社が放送局の職員が含まれた制作陣に褒賞休暇を提供すれば違法となることができる

この法によると、マスコミ各社の役員が職務と関連して1回100万ウォン以下の金品などを受ければ、賄賂罪が成立する。 褒賞休暇地として頻繁に言及される東南アジア休養地、往復航空券とホテル宿泊券、食事と交通費は、金品に当たるからだ。

地上波ドラマを作る外注製作会社のある関係者は"ファンの朝貢が不正請託と見ることは難しい。 しかし、金英蘭法の定着に向けて物質的な朝貢でなく、真心のこもった愛を伝達するのがましそうだ"と話した。

[韓國スポーツ経済イヒョンア]
https://instagram.com/p/BLXjt-Bjj0J/

"朝貢"て。
いつの時代や?かなりの悪意が感じるきじですっ047.gif


★サポートに関して

先月28日の施行以後
放送局では、これまで実施されてきた「サポート」が
「金英蘭法」の禁止事項に該当しないか論議中でしたが

ファンからのサポートは該当しないであろうという見解になり
様子をみてサポートを開始する方向で調整中との
途中経過連絡をもらったばかりでした。

その矢先に、韓国でこんな記事が出てしまいました。

再度ファンからのサポートに関して
議論されてしまうと
後のサポートに問題が生じる可能性も考えられます。

今後また何か動きがありましたら
報告させていただきます。
[PR]
by cyu-rin | 2016-10-11 00:20 | Team.J | Comments(0)