「嫉妬の化身」9月ドラマブランド評価 2位

なんだかんだ言っても2位です

韓国 ヘラルドPOP 記事より

ドラマブランド評価9月の調査結果、1位「雲月」2位は「嫉妬の化身」
3位「月の恋人(以下、月恋)」と分析された。


c0010833_120541.jpg


c0010833_124156.jpg


c0010833_1244756.jpg


韓国企業の評価研究所は8月23日から2016年9月24日まで、国民に愛される
ドラマ番組22つのブランドビッグデータ484,061,025銘柄を分析して
消費者らのブランド参加やメディア、コミュニティ、ブランド消費量などを測定した。

ブランド評価指数は、ブランドのビックデーターを抽出して消費者行動分析して
参加価値、疎通価値、メディア価値、ソーシャル価値に分類して加重値を
置いて出た指標だ。

~中略~

韓國企業の評判研究所
1位、'雲月'ブランドは参加指数115,370,200
メディア指数1,101,742疎通指数1,844,766 コミュニティ指数6,637,076
市役所指数1,959,980で分析され、ブランド評価指数126,913,764だった。

2位、'嫉妬の化身'ブランドは参加指数43,670,550
メディア指数694,544疎通指数1,009,701のコミュニティ指数5,085,458
視聴指数1,319,987で分析され、ブランド評価指数51,780,240だった。

3位、'月恋'ブランドは参加指数24,611,015メディア指数863,366
疎通指数1,583,208のコミュニティ指数7,360,119の視聴指数619,994で分析され
ブランド評価指数35,037,702だった。

韓國企業の評判研究所クチャンフヮン所長は"ドラマブランド評価9月の調査結果、
雲月が1位に記録された。 KBS 2TVの月火ドラマ'雲が描いた月明かり'は
世子(セジャ)パク・ボゴムと内子のキム・ユジョンが作っていく愛の話に
消費者たちの注目を集めていた。 ビッグデータブランドの分析でも圧倒的と
分析され、メディアの高い関心を受けていた"と評判分析し、「雲月」の
キーワード分析は'友情''揺れる'リンク分析では'パク・ボゴム''キム・ユジョン'が
高く出た。

ブランドビッグデータグンブチョンの割合では96%肯定の割合で分析された"と
ビッグデータ分析した。

[PR]
by cyu-rin | 2016-09-25 13:47 | 嫉妬の化身 | Comments(0)