DongwonF&Bブログより

c0010833_20205665.png

金曜日の狎鴎亭洞(カンナムク・アプクジョンドン)のレストランでリチェムCF撮影が
行われました。
リチェムと一緒に暮らすことになりモデルが誰だか気になったでしょう?
すぐチョ・ジョンソクさんでした。
あまりにもファンだったから今回の広告撮影が期待になりましたが、
それではその撮影現場に一度行ってみましょう!
c0010833_20214014.png


高級レストランのあるキッチン、カリスマあふれるシェフ
コックピットが熱心にハムを焼いていた後輩シェフを責めます。

"焼いたら?"
"水分が飛ばます!"
"ハムはどうなる?"
組まれます"
"ところでハムを何でもばかり焼いて?"
ひとしきり叱責が終わった後、コックピットは後輩シェフの手に'焼き'に最適化されたハム
'リチェム'を渡します。
"じりじりと焼く時に~リチェム!"
'焼く時には決めなかったリチェムがおいしい'はメッセージを伝えるためた
リチェムの新しいTV広告のストーリーです。
c0010833_20221145.png

先輩シェフの役割は俳優チョ・ジョンソク氏が担当しました。
従来のドラマでシェフの役を見事にやり遂げたことがあるのに
最近、ドラマ<嫉妬の化身>で演じた乾いて高慢な記者のキャラクターが
広告の中の役割と重なる部分もあって
いろいろパチ!合ったんです。
撮影現場でコックピット氏は自然な演技を披露し、
ここが広告の現場なのかドラマの現場なのか紛らわしほどだったそうです。
広告が人工的な場所で演出された広告ではなく、
リアリティを描いた映画の一場面のように見せたい心に
実際のレストランの厨房の姿をそのまま背景に含まれており、、
キッチンで実際に私は現場の声また、リアルに活かしました。
c0010833_20224692.png


■■■
そうして完成された一方の映画のような'リチェム広告CF'!!!
'焼く時に決めなかったリチェム'、一度召し上がってみますか。
c0010833_20235713.png

c0010833_20241193.png

今回の撮影は、俳優たちが感情を生かして演技できるようにウォンシンウォンコッで撮影し、
これを様々な構図で数回撮った後、複数の構図のカットをつなぎ合わせている方式で編集しました。
ハム広告の白眉といえるシズルカットは'焼き'の状況をうまく表現することに焦点を合わせました。
めらめらと燃える火から始めてフライパンでじりじりと焼けている
ハムの姿をリアルながらも食感と映し出そうとしたんです。 おいしくリチェムが焼けている現場に一緒に行ってみましょう




[PR]
by cyu-rin | 2016-08-30 20:28 | 조정석絡み | Comments(0)