歩くだけでグラビア 「嫉妬の化身」初撮影記事

Daumニュース記事より

c0010833_12594672.jpg

c0010833_12594670.jpg


俳優、コン・ヒョジンとチョ・ジョンソクコが通りをランウェイに変えた。

'ウォンテッド'後続に8月放送予定のSBSの新しい水・木ドラマ'嫉妬の化身'(ソスクヒャン脚本、パクシヌ演出、SM C&C製作)は、放送局内のアナウンサーと気象キャスターの熾烈な競争と、その中で行われる愛を描いたロマンチックコメディードラマだ。
これまで'パスタ'、'ロマンスタウン'などを執筆したソスクヒャン作家と'エンジェル会津'を演出したパクシヌ監督の新作で、ロマンチックドラマに新鮮な風を起こす準備を終えた。

この6月中旬、上岩(サンアム)SBSプリズムタワーと汝矣島(ヨイド)には劇中の気象キャスター票もの駅のコン・ヒョジンと取材記者化身駅のチョ・ジョンソクが初撮影に臨み、本格的な活動を始めたのだ。

当時、熱い日差しが降り注ぐ中、チョ・ジョンソクはキャリア二つを集めて放送局の前を足早に歩いて行き,、コン・ヒョジンは彼の後を追う撮影が行われたもの。そうしてチョ・ジョンソクは、建物、柱で何かを発見しては、いつのまにか振り返っていく場面まで瞬時に消化した。

何よりパクシヌ監督は、2人の俳優とともにキャラクターと状況について十分に交感した。 おかげで、チョ・ジョンソクは化身が持つマッチョキャラクターをそのまま生かして出すことができたし、コン・ヒョジンは劇中の生活力の強いナリの姿で撮影に臨む中に'コンブルリ'らしく、ずっと笑顔を披露し、スタッフたちだけではなく市民たちの目を虜にしたのだ。

SBSドラマ関係者は"'嫉妬の化身'の初撮影日は暑い日でもあったが、コン・ヒョジンとチョ・ジョンソクの撮影開始とともに熱気がさらに激化した"と"特に二人は、街角でランウェイに変えておきましたが、これから気象キャスターと記者を延期しているところに恋愛を含めて広げていくドタバタのエピソードを面白く見てほしい"とお願いした。
(中略)
放送局内のアナウンサーや記者、気象キャスターらの生き生きしたライフとともに、新たに誕生することになる家族の話、そして愛と友情の間に悩む彼らの恋愛話を愉快に描いていくことになる。
8月の初放送。


[PR]
by cyu-rin | 2016-06-29 12:55 | 嫉妬の化身 | Comments(0)