チョ・ジョンソク"私がとても不気味な悪役をしたら?

SPOTS WORLD記事より

やはりチョ・ジョンソクだ。 ジャンルとキャラクターを問わず、挑戦を続けている
チョ・ジョンソクが今度は感性追跡スリラーに身を投げた。
c0010833_21531518.jpg

チョ・ジョンソクが選択した'時間離脱者'は結婚を控えた1983年の男子(チョ・ジョンソク)と
強力系刑事の2015年の男子(イ・ジヌク)が偶然にお互いの夢を通じて愛する女
(イム・スジョン)の死を目撃、彼女を救うために死闘を繰り広げている内容を描いた作品。
'猟奇的な彼女'、'クラシック'などを演出したクァク・ジェヨン監督の新作だ。
チョ・ジョンソクは劇中でイム・スジョンと結婚を約束した音楽教師、ジファンを好演した。
優しいロマンチストであり、恋人を守るために、全てのものをかける男に扮した彼の姿は
女心をわしづかみにする値する。 80年代の純粋な魅力から事件に対抗する強烈なさまで描いて、
スクリーンを完璧に掌握した。

このようなチョ・ジョンソクの魅力が通じたせいだろうか。 現在'時間の離脱者'は
公開2週目にもボックスオフィス1位を占め、長期興行を予告した
c0010833_21534041.jpg

-'時間の離脱者'製作発表会現場で映画に対する自信に満ちたようだ。

"名作が出たようだ(笑)。俳優が自分が参加した作品を愛して好きで自信があるように
思うのは当然だと考える。 今までもそうだったが、、これからもずっとそうだろう。"

-監督との呼吸も良かったと?

"'猟奇奇跡である彼女'を20代前半にとても面白く見た。 本当に衝撃的な女性像を提示して
下さった方ではないか。 個人的に'クラシック'という映画も好きで、同じ監督だったことに
気づきました。そのためかクァク・ジェヨン監督の映画にもう少し親しく接近することができた。"

-劇中の職業は教師だ。ところが、強力系刑事役のイ・ジヌクと同様にアクションシーンが
多かったですね。

"最も苦労したものは冬に撮ったシーンだ。 雨に打たれ、服が身にくっついているために
安全装備を着用することができなかった。 そのような状況で、角材で腹を殴られたが
翌日体調がとても悪かった。 上着を捲り上げたらレール形にあざが出来ていた。"

-80年代感じが漂う、長い2:8長髪も印象的だ。

"分け目は監督のアイデアだった。 最初は私が髪を伸ばしたほうがいいようだった。
それで序盤には両側部分に部分かつらをした。
撮影して頭が自然にもじゃもじゃになり、後には本物の私の頭だった。
信じにくいでしょうの頬ひげまですべて私の髪の毛だ(笑)。"

-映画のように過去に戻るか行くようになったらいつに行きたいのか?

"現在にとても満足している。 しかし、必ず一瞬間を挙げなければならないなら、
高校生の時だ。 父が生きている時に戻りたい。 私が大事にここは人が生きている時に
帰ったらたぶんその時より上手にたはずだ。"

-今後どのような役割をしてみたいですか?

"とても不気味な悪役をやってみたい。ノワールな作品に参加したいという考えも強い。
私が表現できる範囲で引き続き挑戦する姿を見せてあげたい。"

-'時間離脱者'後、どのようなスケジュールが待っているか?

"ミュージカル'ヘッドウィグ'公演の舞台に5月まである。 ト・ギョンス(EXO)と一緒に
撮影した映画'兄'アフレコを終えており、現在、後半作業中だ。
封切りは今年末や来年初めになるようだ。
ブラインド時事反応が良かったとして気持ちがとてもいい(笑)。"
c0010833_21535520.jpg

ノアールな作品:人間心理の暗黒面を深く掘り下げた作品
[PR]
by cyu-rin | 2016-04-26 00:36 | jojeol映画 | Comments(0)