チョ・ジョンソク2016年末まで埋まるスケジュール

スポーツ東亜記事より

c0010833_21867.jpg

俳優のチョ・ジョンソクの年間日程表がいっぱいになった。
ドラマはもちろん、映画まで彼を探すところが増えて、休む暇すらなく活動を続けていく。
昨年出演したtvNのドラマ'ああ、私の幽霊さま'の成功と初の主演映画
'特ダネ:リャンチェン殺人記'で実力を検証を受け、評価を高めたおかげだ。

チョ・ジョンソクは映画'時間の離脱者'(監督:クァクジェヨン・制作想像フィルム)で
2週目興行1位の座を守っている。 13日に公開した映画は21日まで、一度もトップの座から
降りなかった。 劇場街、オフシーズンの状況を考慮すると、チョ・ジョンソクの活躍は
注目に値する。

公演界でもチケットパワーが続く。 5月29日まで上演されるミュージカル'ヘッドウィグ'は
数人の俳優が主役を交互に引き受けているが、とりわけチョ・ジョンソクが出演する日の
チケットは得難い。 チョ・スンウとともに、'ヘッドウィグ'を象徴する'ツートップスター'として
位置づけられたという証拠だ。

チョ・ジョンソクは公演を終了すると直ちにSBSドラマ'嫉妬の化身'撮影に突入する。
所属事務所の関係者は"長くて1∼2週間休暇を使えそうだ"と語るほど、空白のない
作品活動である。

24部作として計画されたドラマは放送会社の報道局で行われるアナウンサーと
気象キャスターの競争を描く。 '特ダネ:リャンチェン殺人記'に続いてチョ・ジョンソクは
再び放送局が背景である話に参加するようになった。 相手役はコン・ヒョジンだ。

計画どおりなら、ドラマは11月初めに終了する。 その後、チョ・ジョンソクの他の主演映画が
公開される。チョ・ジョンソクがEXOのト・ギョンスと共演した'兄'(監督クォン・スギョン)だ。

これで1年の日程表が詰まったわけだ。 しかし、依然としてチョ・ジョンソクを訪れる所は多い。 特に、最近は映画界のラブコールが増え、現在彼は'2017年の計画表'まで組んでいる。

[PR]
by cyu-rin | 2016-04-22 21:18 | 조정석絡み | Comments(0)