時差で「特ダネ:リャンチェン殺人記」制作報告会まとめ

24日 おかげさまで予定通り退院しましたおじぎ

手術は7時間かかりましたが 自分の名前を呼ばれて目覚めたとき
えー はや目ぇ覚めたん?まだ終わってないやろ~と思ってたら
「もう終わりましたよー」と言われ
「30分しか寝てない感覚です~涙
と本人は極楽なものでした
手術当日はまだ麻酔が効いていたのかLINE出来る状態でしたが
次の日は痛み止め(麻薬の一種)の副作用で起き上がると嘔吐してしまい
グログロでしたオエ
だってね・・・その日の昼食って牛丼牛丼 だったんですよー
この状態で食べられる方が凄いと思うわsei

ようやくちゃんと食べられるようになったのは3日目くらいからで
その後は順調に回復していきました
この日からリハビリが始まったのですが私の場合
リハビリという名のソフトフィットネスでした
スクワットや踏み台昇降など主に有酸素運動です
だから終った後は汗びっしょり汗
こっちは病人なのに普段より動いてるやん!ってツッコミ
そのリハビリも健康すぎるので5日間でリハビリ対象者リストからも外され笑
病室や廊下 階段で自主トレしていました

入院中はmarcyさんに映画のサポート活動をまかせっきりになってしまいましたが
皆様からのご支援もあり制作報告会に差し入れすることが出来ました
ありがとうございました

「特ダネ:リャンチェン殺人記」の制作報告会が23日あった日
病室でipad開いてスタンバっていたんですけど
途中で一時戦線離脱・・・がくっ 疲
怒涛の記事に対応するには体力気力が必要です汗
そんなこんなで記録も兼ねて今頃記事を書いてるのですがご了承ください
c0010833_1058034.jpg

Kstyle記事より抜粋

「特ダネ:リャンチェン殺人記」は、連続殺人事件に関する一生一代の特ダネが、
史上最大のミスであることを知るようになった記者ホ・ムヒョクが、
手のほどこしようもない状況の中、彼の誤報の通りの実際の事件が発生して、
事態がますます大きくなるストーリーを描いた映画だ。
ポスターは報道局を背景に、一生一代の特ダネが史上最大のミスであることを
知るようになった記者ホ・ムヒョクと、彼を囲んだ多様なキャラクターが
一風変わった面白さに対する期待感を高める。
特ダネに歓呼して大喜びする同僚を横に、一人で当惑した表情をしている
チョ・ジョンソクの姿が視線を引きつける今回のポスターは、自身が報道した特ダネが
誤報であることを知るようになった後、手のほどこしようもない状況の中で
危機に陥るムヒョクの圧迫感をリアルに表わしている。

意図しなかった失敗により、事態が手のほどこしようもなく大きくなって、
危機的状況に追い込まれることになるホ・ムヒョク。
特ダネが誤報であることを知るようになって、その状況に巻きこまれて真実を
明らかにできないまま、ますます大きくなっていく事件に途方に暮れながら圧迫感を感じる
ムヒョクの姿と共に、「一生一代の特ダネ、だと思った」というコピーで、
好奇心を刺激する今回のポスターの公開により、今秋に韓国で特ダネブームを
巻き起こす予定の話題作「特ダネ:リャンチェン殺人記」に対する期待と熱気が
一層高まることが予想される。韓国で10月22日に公開される予定だ。


映画のメイン予告編動画


メイキング動画


制作報告会




c0010833_11242035.jpg

c0010833_11243349.jpg

c0010833_11244587.jpg

c0010833_11245799.jpg

c0010833_11251357.jpg


そしてTeam.Jのサポートは・・・・
c0010833_1225469.jpg

c0010833_1231023.jpg


記者さんたちに配るクッキー詰め合わせBOX
クッキーの手配をお手伝いしていただいた
韓国のらぶじょんずさんから
「ジョンソクさんもとても美味しくクッキーを食べました^^」
と報告が入りました!

実際クッキーが本当に美味しかったそうです

ジョンソクさんや他の方々用のクッキーは
マネージャーさんに渡していだたきクッキーの残った分は
ジョンソクさんの事務所文化倉庫の方たちへ持っていただきました
[PR]
by cyu-rin | 2015-09-25 12:06 | jojeol映画 | Comments(0)