またあの日がやってきます

1995年1月17日
初めの5年間はすごく長く感じました
でも明日で20年 昨日のことのように感じます

私自身 地震の直接被害はありませんでしたが
学生時代は神戸に通い 神戸に友達もいて親戚もいます
1月17日からどうやって生活してきたかを後に聞いたとき
人間の営みは他人やいろいろなモノの恩恵を受けて
初めて成り立つものなのだと実感しました

倒れかけた電柱の地番や傾いた看板が
かろうじてここがあの場所だったとわかるくらいに
見慣れた街並みが姿を変えていました

今神戸の街を歩くと街並みは綺麗でおしゃれな神戸は顕在で
震災の影などありません
でも忘れません 決して
[PR]
by cyu-rin | 2015-01-16 20:13 | anbi談 | Comments(0)