青少年が選んだ人気映画人選出&韓国版『STARAZ 11月号』

こんな賞があったのね~ナイショ

キム・ミニ、チョ・ジョンソク、ヨ・ジング、青少年が選んだ人気映画の選定
c0010833_2334486.jpg

俳優ナ・ムニ、キム・ミニ、チョ・ジョンソク、ヨ・ジングなどが全国青少年が選んだ
人気映画人に選定された。

1日、社団法人韓国青少年映像芸術振興院は、第14回大韓民国、世界青少年映画祭の
付帯行事として進行される全国青少年が選んだ人気映画の投票でナ・ムンヒ、キム・ミニ、
チョ・ジョンソク、ヨ・ジング、キム・セロン、尹鍾彬監督がそれぞれの部門の受賞者に
選ばれたと発表した。

今回の投票は先月1日から31日まで映画祭ホームページを通じて行われた。
女優部門には'泣ける'のキムミンヒが、男の俳優部門には'逆鱗'、'私の愛、私の新婦'に
出演したチョ・ジョンソクが選定された。

ナ・ムニは元老俳優部門、'ファイ:怪物を飲んだ子供'のヨ・ジングは新人俳優部門の
受賞者に指名された。'ドヒだ'でカンヌ国際映画祭・レッドカーペットを踏んだキムセロンは
子役俳優部門賞を受賞する。'群島:騒乱の時代'の尹鍾彬(ユン・ジョンビン)監督は
監督部門の受賞者に選ばれる栄誉を抱いた。

これらに対する授賞は12月、漢南大学56周年記念館で開かれる第14回大韓民国、
世界青少年映画祭の開会式で行われる。

第14回大韓民国、世界青少年映画祭は12日から16日まで大田(テジョン)で開かれる。



韓国版『STARAZ(スターエイジ)11月号』にジョンソクssiの
インタビュー記事が掲載されています

才能を越えた努力、チョ・ジョンソク...いつも、いつも、変身を夢見る
c0010833_22452660.jpg

デジタルサイト → クリック

c0010833_2248567.jpg


直訳で申し訳ありませんが
More機能に載せています



「才能あり?ただ懸命にすることしか...」
c0010833_22575340.jpg

インタビューで器用な弁舌に回答する彼を見ると、ブラウン管で多目的に
演技変身をしている彼を見ると、本当に「キツネのようだ」という気がする。
とぼけながら決して憎くない、いや、むしろので、より魅力的である。
彼ではなかった場合は、どこの誰が「ナプトゥクが」をそのように魅力的に描いていたのだろう。
このような彼に向かって「才能がある」と褒め称え歳ブラウニー、
通常「え〜特別つもりはありません。ただ懸命にすることしか」と恥ずかしそうに笑顔を浮かべる。
自分が唯一できるだろドラゴン努力することしかないと。
じわじわ自分だけの演技領域を構築している俳優のコックピットと交わした
「気が強い」おしゃべりした版。

映画「私の愛私の花嫁>はコックピットの「食」を一目で知ることができる作品である。強引(?)なまでのしらじらしい彼のコミカルな演技と表情の演技は適材適所に笑いをかもし出す。このように狐のような俳優だなんて。一緒に呼吸を合わせたシン·ミナは、彼を置き、「パク·チュンフン先輩が思い出される」とするほどだ。初主演申告式を払った彼は「感激」と延伸上気した表情を見せた。「魅力的な」俳優コックピットの初主演デビューはこうだった。

マスコミのプレビュー時に映画見た後は個人の満足度が高いようだが

マスコミプレビューは評価を受ける席じゃないですか。
しかし、ご覧の方に楽しんで見たとしてくださるのだから、一種のリップサービスなのかは
分からないが(笑)気持ちは良好であった。私たちみんな一緒に苦労して
精魂を込めて作った作品を楽しんで見てくださったと聞くと、達成感とやりがいも感じられ。
満足なのか不満なのかだけではなく気持ちが良かった。

マスコミのプレビュー時に継続」感激した」と表現言っていた、どのような意味ですか

舞台挨拶に入る前にとても震えましたよ。私の舞台挨拶を一度か二度見たこともなく、
公演を一日二日もないのに、不思議なその日は緊張していましたよ。
どう ​​しても初主演という特別な意味が私にはあってそうだったようです。
その震える心で映画を見るのに、みんな笑って楽しんで見てくださるからかっとした感じがしましたよ。(笑)
その感じを何の説明か悩んで、「感激」が合っているようでしたよ。特に今回の作品は、
私の仕事、私の映画とは感じが強いよりも十本の指ゴマ頼んでない病気指ないように
私が行ったすべての作品をとても愛しているが、この作品は、特に南違ったりしている。
周辺の方もみんなそうに見てくれる視線もあって。単独男性主人公の最初の作品という意味が
どうしても格別。初主演とよりのプレッシャーも感じただろう、ただのシナリオがあまりにもおもしろくて
選択しました。この作品は、私はほとんど傍受したも同然でした。あまりにもおもしろく選択はしたが、
実際に撮影を開始してみると、その時からプレッシャーがああですよ。
主演というのは、どうしても責任感が重大な場所だから。
この作品をどのようにうまく導いていくか悩んでましたね。しかし、負担感だけが付いている場合は
どのように作品をすることができだろう。だからプレッシャー下に置き、楽しんで撮ろうと努力しました。
最初のキャスティングのニュースを聞いた時は、コックピットとシン·ミナがよく似合わないという
懸念の視線もあった。

ところが、いざ映画を見たあとで、よく似合うとみんなそうだったよ周辺の恐れがあっていた。
キャスティングだけを聞いて、私たちの両方のケミがあまり良く見える。しかし、私は気にしませんし。
なぜなら、「ケミストリー」というのは作っていくと思います。
どの俳優でも、呼吸をよく合わせていけば、そのケミは当然出てくるだろうと考えますね。
それはまさに演技的呼吸のでしょう。だからあまり心配しませんし。
明らかによく作っていくことができると確信していました。今回の映画を見ながら
確実にチョ・ジョンソクは、コミカルな演技に長けてはことを感じた。

持って生まれた才能があるようだ(笑)、ありがとうございました。(笑)
コメディ演技は呼吸とタイミングだと思います。今回の作品でもやはり、一生懸命考えも出して
クリエイティブに新しい呼吸を醸し出ししようとしたんです。今回の作品は、何よりも
俳優らとの呼吸が重要でした。なぜなら、状況的なコメディが多かったんですよ。
ワンマンショーではないので、俳優同士やりとり、その空気で起こる呼吸が重要でした。
俳優たちのコメディ呼吸が良かったのでコメディがよく住んでいたと思いますよ。
この作品は、コンセンサスが重要な映画なのに、個人的には「ヨンミン」に共感される
部分があった場合たった一つわらないほど多くの部分が共感に行きました。
このシナリオを初めて受け取ったときに、なぜ面白かったかというと「共感」のためだった。
私はヨンミンを演じている場合、このような図が描かという想像ができた。
この映画は、結論的に言えば、愛の物語です。新婚夫婦の愛の物語を扱ったのだが、
老若男女すべての人々の愛の物語を扱ったと思います。
今、愛する人たちに願いになっている場合は、私たちの映画を見て、再び愛する人のための
大事さを感じることができたらいいですね。今の愛が熱くか、涼しくか、あるいは地味な
すべての人たちに共感されている話ではないかと思います。

ヨンミンは、女性が見た時は「あんな悪い奴"といわれるほど醜いところがある。
でも演技する立場では悪口を言われるかないため、ヨンミンを憎くないように見せるためを
念頭に置いた部分があると思う
前に悪口を食べると思いました。悪口を食べるのです。(笑)
ただ、ヨンミンをとても嫌いになれば、観客が感情線に沿って来ることができないだろうと感じに、
どのようにすれば憎い憎くないように見えるかという研究をたくさんしましたね。
結論はただヨンミンのキャラクターに行こうでした。ヨンミンならこういうだろうという考えに集中しました。

デビューして間もないのにとても長い時間だった俳優のように感じられる。
短い時間の中で注目されることができた秘訣は何だろうかブラウン管にデビューしたのは
<建築学概論>「ナプトゥクが「だったから、2年7ヶ月程度素晴らしい。
秘訣のようなものはありません。(笑)ただ、熱心にすることしかないと思います。
何も難しいことが、自分は持っている。特別な何かではないのに。(笑)
確かに才能はあるようだ、他の人が見たときにそう評価してくださったなら、
とてもありがたいですね。(笑)ところで僕は、自分の才能と言うことはでき申し上げます。
才能があるとは思わないので、遅れないように、より熱心にすることであり。
僕は、自分の才能があるかどうかはわからないが、(笑)私が頑張ったのは
分かってくれるそうなので感謝してありがたいですね。その才能はコメディで光を発するようだ」
ナプトゥクが「イメージがあまりにも強くて。(笑)でも決して笑わせる万人ではないんですよ。ハハ。
舞台で学んだノウハウがTVや映画で演技するときに役立つように見える相互作用をすると思います。
多くの方が公演のキャリアがここに来て助けることができかと尋ねているのに、もちろんされます。
しかし、逆にドラマや映画で積んだ経験が舞台でも経験がなりません。お互いに役立つでしょう。
今後もドラマでも、映画でも、公演でも、選ばずに継続したい。

**詳細インタビューの内容と豊かな写真が<スターエイジ> 11月号に含まれています。
[PR]
by cyu-rin | 2014-11-02 00:27 | jojeol映画 | Comments(0)