やっぱり白すぎた?姫路城

あれじゃあ「白すぎ城」…大修理・姫路城に賛否
読売新聞 6月2日(月)15時30分配信 より
c0010833_1826132.jpg

世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)で、平成の大修理に使った工事用建屋の解体が進み、
姿を見せた真っ白い大天守が観光客らを驚かせている。

愛称「白鷺(しらさぎ)」通りの優美さは「昭和の大修理」(1956~64年)
完成以来。数年後には黒みを帯びて落ち着いてくる。
市の担当者は「今なら白鷺城と呼ばれることに納得してもらえるはず。
50年に1度の機会」としている。

◆目地まで漆喰

姫路城は「白漆喰総塗籠造(しろしっくいそうぬりごめづくり)」と呼ばれる工法が特徴。
5重で地上6階、地下1階の大天守は防水防火のため、壁や窓の格子、
瓦の継ぎ目「目地」にまで漆喰を塗っている。目地は盛り上がっており、
眺める角度によって灰色の瓦を隠し、屋根全体を白く見せる。

市立城郭研究室によると、江戸時代までの天守が残る全国12城のうち、
屋根の目地に漆喰を使っているのは姫路城と松山城(松山市)。村田和宏室長は
「壁の一部が板張りの松山城とは異なり、全て真っ白に見えるのは姫路城だけ」と強調する。

 平成の大修理では2年半かけ、カビや風雨で黒や茶に変色した外壁、
屋根の古い漆喰をはがして塗り直したり、上塗りしたりした。防カビ剤も塗布。
瓦は約8万枚のうち、約6万4000枚はカビや苔(こけ)、ほこりを洗い落として
再利用した。3年半ぶりに姿を見せた大天守は、屋根の白さが際立つ。
姫路城から約1キロのJR姫路駅北側の眺望デッキでは、観光客が「うわ、真っ白」と
驚きの声を上げる。
インターネット上の掲示板には「あれじゃあ、白すぎ城」という書き込みまである。



「白鷺城」を文字って「白すぎ城」とはうまい!
毎日お城を横目に通勤していますが はじめて足場が取れて
屋根と壁が見えた時「(ジョンソクみたいに、)白っ。」って思いました
私の中の姫路城って瓦がところどころ白だったりグレーだったり
瓦がはげたりしてるのが姫路城なので
瓦が均一な色になってるのをみて想像はしてたけど
実際目にしたらちょっと違和感がありました

それでも来年3月全面リニューアル完成でございますので
ジョンソクssiのように真っ白な姫路城を観に来てください!
[PR]
by cyu-rin | 2014-06-02 18:24 | anbi談 | Comments(0)