Kstyle記事より 今は恋より仕事

「逆鱗」チョ・ジョンソク“ワーカーホリック?恋は時が来たらするもの”
c0010833_2042073.jpg

俳優チョ・ジョンソクが仕事と恋愛のうち、“まだ演技がいい”と答えた。

映画「逆鱗」(監督:イ・ジェギュ、制作:チョイスカットピクチャーズ)で
正祖(チョンジョ、ヒョンビン)を暗殺しなければならない
朝鮮一の殺し屋役を演じたチョ・ジョンソクは、最近行われた
TVレポートとのインタビューで「休む暇なく働いているが、
疲れていない」と伝えた。

チョ・ジョンソクは映画「建築学概論」(2012、監督:イ・ヨンジュ監督)で
デビューし、「救国の鋼鉄隊列」(2012、監督:ユク・サンヒョ)、
MBCドラマ「キング~Two Hearts」
KBS 2TVドラマ「最高です!スンシンちゃん」
映画「観相」(2012、監督:ハン・ジェリム)そして
「逆鱗」まで休まず活動を続けている。
最近は「私の愛、私の花嫁」(監督:イム・チャンサン)の撮影を終え
ミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」準備の真っ最中だ。

このように着実に作品活動を続けているチョ・ジョンソクは
休みについて「大変ではない。最近は公演の練習をしているが
まるで実家に帰ったようで楽しい。本当に幸いなことに楽しく、幸せだ。
もちろん体力的に疲れるときもあるが、今は演技が本当に楽しい」
と切り出した。

「恋する年頃に仕事ばかりしているようでファンが心を痛めそうだ」
という取材陣の質問に「恋は時が来たらすればいい。
親しい友達が結婚して子どもを生むのを見ると羨ましくはあるが
今は少しその羨ましさを閉まっておきたい。僕にとってもっとも大きな目標は
ミュージカルをたくさんの方々に披露し、愛されること」とし
「稽古に行くことが幸せで楽しく、疲れない」と答えた。

続いて「本当に休みが必要なときもあると思う。
そのときは旅行をしてみようと思う。普段から旅行が大好きだが
デビュー以来ちゃんとした旅行に行けなかった。後で本当に大変で
疲れたとき旅に出る」と付け加えた。

「逆鱗」は丁酉逆変(王の暗殺を企てた反乱)をモチーフにヒョンビン
チョン・ジェヨン、パク・ソンウン、チョ・ジョンソク、チョ・ジェヒョン、
キム・ソンリョン、ハン・ジミン、チョン・ウンチェなどが出演し、
MBCドラマ「チェオクの剣」「ベートーベン・ウィルス~愛と情熱の
シンフォニー~」
「キング~Two Hearts」を演出したイ・ジェギュ監督のスクリーンデビュー作だ。

元記事配信日時 : 2014年05月15日14時33分 記者 : チョ・ジヨン

[PR]
by cyu-rin | 2014-05-18 20:04 | 조정석絡み | Comments(0)