K-style記事より 『逆鱗』北米で公開

ヒョンビン主演「逆鱗」北米で5月23日に公開決定!

映画「逆鱗」(監督:イ・ジェギュ、制作:チョイスカットピクチャーズ、
配給:ロッテエンターテインメント)の北米での公開日が確定された。

7日、ロッテエンターテインメントによると「逆鱗」が5月23日に
北米全域約25ヶ所の映画館で上映されるという。
「逆鱗」の北米での配給は「隠密に偉大に」「観相」「友へ チング2」など、
韓国映画の公開を成功に導いた配給会社ドリームウエストが務める。

ドリームウエストの関係者は「『観相』が北米で上映され良い成績を収めたが、
『逆鱗』でも同じ可能性を感じた。
『ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー』『キング~Two Hearts』など
良い作品を作ったイ・ジェギュ監督に対する信頼とヒョンビン、チョン・ジェヨン、
チョ・ジョンソク、チョ・ジェヒョンなど俳優たちに対する高い好感度が
『逆鱗』を選択した主な理由の一つだった」と明かし、「逆鱗」の作品性と
興行性に対する強い信頼感を表した。

「逆鱗」は、正祖(朝鮮王朝の第22代目の王)即位1年、王の暗殺を巡って繰り広げられる
生きていかなければならない者、殺さなければならない者、
そして助けなければならない者たちのすれ違う運命と歴史の中に隠された
緊張感溢れる24時間を描いた映画である。

デビュー後、初めて時代劇に挑戦したヒョンビンが常に
暗殺の脅威に苦しめられながらも強さを失わない正祖役を、チョン・ジェヨンが
正祖の絶対的な信頼を得ている王の影のような存在であるサンチェク役を、
チョ・ジョンソクが殺人のために育てられた朝鮮最高の殺人鬼役を務めた。

またチョ・ジェヒョンが殺手を育成する秘密組織の主人クァンベク役を、
ハン・ジミンが宮廷最高の野心家の貞純(チョンスン)王后役を、
キム・ソンリョンが息子の正祖を守ろうとする恵慶宮(ヘギョングン)洪(ホン)氏役を、
パク・ソンウンが正祖のために謀反を明かそうとする禁衛営(クムウィヨン、
朝鮮時代の中央軍)隊長ホン・グクヨン役を、チョン・ウンチェが
秘密を秘めたまま宮殿に入ってきた洗踏房(セダプバン)の宮中女官ウォルへ役を演じる。
韓国で4月30日に公開される。

c0010833_21132893.jpg

日本でなくて先に北米で公開なのぉ~かお
しかも5月23日ってそんなに早く??
これは期待ですっ!←しがらみと大人の事情がなければねあはは…
[PR]
by cyu-rin | 2014-04-07 21:33 | jojeol映画 | Comments(0)